八潮市ぎっくり腰 | コルセットの使い方

2017年12月28日

ぎっくり腰になった時の正しいコルセット使用方法

 

ぎっくり腰の症状では、コルセットをつけた方が良いのではないかと思われますが、その答えにお答えをいたします。

 

 

腰痛やぎっくり腰になってしまった時に、コルセットをした方が良いのではないか?

 

と思われてた事はありませんか?

 

 

実は、八潮市・草加市・足立区.comに来院される患者様の中にもそのようなお悩みやご質問をいただく事があります。

 

 

 

答えから言いますと、

ぎっくり腰の初期にはコルセットを活用して症状の緩和をした方が良いです。

 

しかし、

慢性腰痛の症状はコルセットは着用せずに日常生活を過ごさせた方が、症状の回復は早くなります。

 

 

 

コルセットとはうまい付き合い方をしないと、腰痛をかえって悪化させてしまったり、腰痛やぎっくり腰の症状の回復の進行を遅らせる原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰・急性腰痛の場合、お身体を無理に動かしてしまったり、ちょっとした動作を行うことで、激痛に苦しめられる事があります。その場合、コルセットやテーピングやサポーターなどで固定をして、動かないようにする事で症状の沈静化をする事ができます。

 

 

最近では、コルセットをする事が悪いように言ったりもするところもありますが、それは大きな間違いです。コルセットとはうまい付き合い方をする事で、痛くなってしまった腰に無理な負荷をかけずに症状の回復を行う事ができるのです。

 

 

八潮市・草加市・足立区.comでも無闇矢鱈にコルセットの販売をしたりすることはないのですが、なるべく患者様の症状が回復してもらえるようにテーピングをうまく活用します。

 

 

テーピングを貼る技術が高いとすぐには剥がれることもなく、また患者様のお身体にうまくフィットする事で、コルセットよりも高い効果を出す事ができます。しかもテーピングですと、いずれは剥がれてしまうために、コルセットとは違く、依存性が非常に低いのです。

 

 

急性腰痛やぎっくり腰の場合には、コルセットやテーピングを有効に活用することをお勧めいたします。

 

 

本日は、腰痛やぎっくり腰の時のコルセットについての使用についてに書かせて頂きました。

 

 

ぎっくり腰や腰痛でお悩みの際には、腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・交通事故治療の専門院であります、八潮市・草加市・足立区.comまでお気軽にお問い合わせください!

 

 

ぎっくり腰や急性腰痛ではコルセットを使用するか迷われるかと思いますが、使用の仕方によって症状を悪化したりするリスクもあります。

 

 

 

詳しい症状別ページはこちらよりご覧いただけます。

→ 腰痛治療の症状別ページはこちらより

→ 椎間板ヘルニアの症状別ページはこちらより

→ 交通事故治療の症状別ページはこちらより

→ 骨盤矯正の症状別ページはこちらより