ヘルニアはなぜ原因を見つけることが大切なのか?

2018年03月8日

椎間板ヘルニアの改善をする為には、原因を見つけることが非常に大切です。

 

八潮市・草加市・足立区の腰痛改善.comには、病院・整形外科・クリニック、整骨院・接骨院などで治らなかった椎間板ヘルニアの症状を改善することができます。それは、根本的に改善するために、その症状と向き合うからです。

 

本日も、八潮市・草加市・三郷市・足立区の腰痛改善.comのひまわり中央整骨院のブログをご覧になって頂きまして、

 

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

各症状別ページはこちらよりご覧いただけます。

→ ヘルニアの症状別ページはこちらより

→ 坐骨神経痛の症状別ページはこちらより

→ 腰痛治療の症状別ページはこちらより

→ 脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

→ 交通事故治療の症状別ページはこちらより

→ 骨盤矯正の症状別ページはこちらより

 

 

 

症状別のホームページはこちらよりご覧いただけます。

→ ひまわり中央整骨院公式ホームページはこちらより

→ 交通事故専用ホームページはこちらより

 

 

腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・交通事故でお困りごとは、八潮市・草加市・足立区腰痛改善.comのひまわり中央整骨院へお気軽にご相談ください!

 

 

 

本日は、椎間板ヘルニアを改善する為になぜ原因を見つけることが大切なのかをお話をいたします。

 

椎間板ヘルニアの原因は、レントゲンやMRIを撮影して、椎間板が出ていることが原因ではありません。

 

椎間板が突出しているしていること、痛みや痺れが起こっていることは、あくまでも結果です。

 

 

椎間板が突出して神経を圧迫しているのは、何かしらの原因で椎間板が出てしまい、神経を圧迫して坐骨神経痛を起こしていることに過ぎないのです。

 

 

 

ここで大切なことは、

なぜ椎間板ヘルニアになってしまったかという原因を見つけることが大切なのです。

 

 

 

椎間板ヘルニアになる原因とは?

椎間板ヘルニアの症状は、急には発症することはありません。

 

人が痛める症状のうち、急性外傷と言われる(捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼)は、1つの刺激だけで痛める可能性がありますが、

 

急に痛くなるぎっくり腰や腰痛でさえも、1つの刺激だけでは症状が起こっているわけではないのです。

 

ヘルニア,椎間板,腰椎,病院,整形外科,手術,整骨院

 

椎間板ヘルニアを改善す為には、答えから言いますと

継続的に椎間板にかかる負担をなくす事が非常に大切です。

 

よくヘルニアになると、手術が必要だと聞くこともありますが、

ほとんどのケースでは、手術は必要とせずに手技療法で改善することが可能なのです。

 

しかも、たとえ手術をしたとしても椎間板ヘルニアになったしまった原因を改善できないでいるると、再びヘルニアの悩みに悩まされてしまうのです。

 

 

 

治療や施術の中で椎間板に負担をかけない手技とは?

では、八潮市・草加市・足立区・三郷市の腰痛改善.comのひまわり中央整骨院では、どのような治療方法で、椎間板ヘルニアにお悩みになっている患者様の症状を改善をしているのか?

 

先ほどもお伝えしました通りに椎間板に負担をかけないような治療方法を用います。

しかも医学的な知識があれば椎間板がゼリー状で柔らかいことは治療家であれば、皆分かっていることですので、自然と椎間板の形が変わってくるのです。

 

そのことを利用して、治療を行います。

 

まずは、姿勢の改善です。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまうのは、姿勢の不慮により椎間板ヘルニアになる可能性を非常に高めてしまいます。腰痛の症状も同様です。

 

次に筋肉を弛緩(柔らかく)します。

坐骨神経痛を始め、神経痛は筋肉が大きく関与します。筋肉の中を神経が通過しますので、筋肉が硬い状態で、そのまま体を動かしてしまうと神経が絞扼(圧迫)されてしまい、神経痛を起こしてしまうのです。ですので、筋肉を柔らかくすることが非常に大切です。

 

また、筋肉を柔らかくすると言ってもマッサージやストレッチを想像されますが、実はマッサージやストレッチ以上に大切なことがあります。それは、体の中の状態を変えることです。普段から口にされている食べ物や飲み物にも気を使って見てください。

 

特に飲み物は、水を中心に飲んでみてください。お身体は、食べ物や飲み物からできています。それらが数ヶ月後に体の一部となるのです。結果的に筋肉や関節が柔らかくなり、症状の改善につながるのです。

腰椎椎間板ヘルニアは、お水を飲むことで症状改善に一歩近づきます。

 

お水の飲み方も一気飲みとかではなくて、チビチビと少量を何回かに分けて飲むことをお勧めいたします。そしてだいたいの1日の水の飲む量は2リットルくらいが目安になります。お水を一気飲みしてしまいますと、植木鉢に水を2リットル入れると下の受け皿に水がこぼれてきてしまいますよね?それと同様に人間も排尿として出て言ってしまうのです。ですので、少しずつ飲まれると体全体に水が行き渡りやすくなり、筋肉に水が行き渡るようになります。

ぜひチャレンジをしてみてください!

 

 

 

なぜ椎間板ヘルニアの症状は一気に治らないのか?

椎間板ヘルニアの症状は、坐骨神経痛の症状と密接な関係にあります。

そもそも坐骨神経痛は、様々な病気(ヘルニアなど)の原因で坐骨神経痛が起こります。その一つが椎間板ヘルニアです。

 

神経痛は、神経が絞扼(圧迫)されたり伸ばされたりすることで、症状が起こります。

 

ヘルニア,椎間板,腰椎,病院,整形外科,手術,整骨院

 

例えば、正座をしていて足が痺れた経験は誰しもがあるかと思います。

正座もしたからと言っていきなり神経症状で痺れたりすることはありません。ある一定の時間の神経絞扼(圧迫)が起こることにより神経痛は発症します。

また、正座をやめたところで痺れはすぐに治らないことは、経験があるかと思います。

 

 

坐骨神経痛の一つである腰椎椎間板ヘルニアも同様です。

神経の絞扼(圧迫)がなくなったとしても、正座をやめて痺れない状態を作ってあげた時同様にしばらくの間痺れが残ってしまうのです。

 

したがってある一定期間の間は、体の状態は回復に近づいているのに痺れや神経症状により痛みが残ってしまう期間が存在する為に、すぐには症状が回復しないのです。

 

 

 

 

腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・交通事故でお困りごとは、八潮市・草加市・足立区腰痛改善.comのひまわり中央整骨院へお気軽にご相談ください!

 

 

各症状別ページはこちらよりご覧いただけます。

→ ヘルニアの症状別ページはこちらより

→ 坐骨神経痛の症状別ページはこちらより

→ 腰痛治療の症状別ページはこちらより

→ 脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

→ 交通事故治療の症状別ページはこちらより

→ 骨盤矯正の症状別ページはこちらより

 

 

 

症状別のホームページはこちらよりご覧いただけます。

→ ひまわり中央整骨院公式ホームページはこちらより

→ 交通事故専用ホームページはこちらより

 

 

 

本日も、八潮市・草加市・三郷市・足立区の腰痛改善.comのひまわり中央整骨院のブログをご覧になって頂きまして、

 

本当にありがとうございます!

 

 

また有益な情報をお伝えさせていただきます。

八潮市・草加市・三郷市・足立区腰痛改善.comひまわり中央整骨院